パニック障害を治したい

パニック障害とは、どのような病気なのか

パニック障害とは、突発的に激しい動悸が起きたり、脈拍数が上昇してしまい、発汗やふるえ、息苦しさなどを感じてしまう病気になります。

 

強い不安感に襲われてしまい、実際に発症した方は死の恐怖を感じたと語っていて、初めて発症した際には救急車を呼ぶ方もいらっしゃいます。パニック障害とは、10分から長くても1時間程度で収まり、血液検査などをしても異常は見つかりません。

 

脳内には神経伝達物質と呼ばれる物質が存在しており、外部からの刺激により、様々な働きをします。パニック障害とは、恐怖や不安に関係している神経伝達物質のノルアドレナリンと、興奮を抑える神経伝達物質のセロトニンのバランスが崩れてしまうことで起きてしまいます。

 

具体的な症状としては、激しい動悸や呼吸困難がおこり、発汗やめまいなどの身体的な症状が現れて、それと共に強い恐怖や不安感などに襲われてしまう病気です。

 

この発作は多くの場合は20分から30分程度で収まりますが、長くなると1時間程度続くこともあります。また、このパニック障害を発症してしまうと、また同じような状況になると発作が起きるのではと、恐怖を感じてしまい、これが悪循環を呼びます。

 

パニック障害を発症してしまう、そうなると再び起きるのでは恐怖を感じます。そして以前起きた場所を避けるようになっていくのです。

 

この「発作」「予期不安」「広場恐怖」がパニック障害の3大症状と呼び、これが悪化していくと最悪の場合うつ病を発症してしまうこともあります。

 

 

パニック障害に効果があるマインドガードDX

パニック障害とは特別な原因もなく急に不安になったりパニック発作をおこしてしまう病気です。
原因は詳しく解明されておらず、脳内のノルアドレナリンの過敏や過活動、セロトニン系の機能不全の可能性があるといわれています。
また過労や睡眠不足といった日常生活上のストレスが原因でおこってしまうと言われています。

 

そんな日常的なストレスを解消するための飲み物としてマインドガードDXが注目されています。

 

マインドガードDXにはセロトニンが豊富に配合されているため、パニック障害の原因とも言われる疲れをとり、体をより休息状態に保つことができます。
そうすることでの質のよい睡眠をとることが可能となり、疲れやストレスを軽減させることができます。

 

またマインドガードDXは従来のカプセルに比べて吸収率が25%アップしているため効き目もよくなりさらに効果を期待することができます。

 

美味しさにこだわっているため小さなお子様でも飲むことができる味です。
そのためパニック障害の人でも安心して飲むことができる飲料水です。

 

不安のない毎日を送るために開発された飲料水で、パニック障害に悩んでいる人はもちろんなかなか眠ることができないといった人でもマインドガードDXを飲み、質のよい眠りを実感することができます。

 

人が生きていくうえで重要なことは楽しい毎日を過ごすことです。そのためには健康で悩みがないといったことが大切です。
誰もがストレスをなくし健康的な生活を送って欲しいという気持ちから生まれたのがこのマインドガードDXです。